2013年04月28日

タオルがふんわり柔らかくなる合成界面活性剤

タオルがふんわり柔らかくなる大人気の柔軟剤
ダウニー、ソフランなどの柔軟剤の成分は、合成界面活性剤がく〜(落胆した顔)

香りは精油でつけるとしても
タオルなど布をふんわりさせるには無添加やナチュラルでは無理?

<そこでまずは柔軟剤の仕組みについて>

柔軟剤は陽イオン(カチオン)界面活性剤といって
布などの繊維のマイナスの電気に引きつけられて
プラスの親水基から繊維の表面に吸着し
潤滑油のような働きをしています。
繊維と繊維の摩擦を、界面活性剤の親油基同士の接触に変えるから
タオルがふんわり柔らかくなるといった仕組み。

<合成界面活性剤を使っていない柔軟剤>

クエン酸と精油のラベンダー、スペアミントで仕上げるのがarau


ただこれだとふんわりはしない...

でもやっぱりふんわりさせたい。
そんなときは「無添加」と宣伝しているけど100%無添加ではない洗剤のさらさ
無添加と添加物だらけの中間に位置している「さらさ」の
柔軟剤バージョンの成分は


ノンオイリータッチ処方
着色料が無添加

となっていて

でもこれじゃ合成界面活性剤の柔軟剤そのものですね。

ふんわりさせるには重曹やクエン酸と精油を用いて
自分で作るのがいいのかな。


arauもいいですね。

汚れがしっかり落ちる洗剤ほど
タオルはごわごわになるので
ほんとに汚れを落としたいものにだけ
使っていったほうがよさそうです。


posted by bonne at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 合成界面活性剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...