2013年11月13日

抗菌作用でおすすめのエッセンシャルオイル(精油)

これからの季節は、アロマで菌をやっつけたいですね。
掃除、健康のために精油を使っての家事を実践しています。

感染症を引き起こすおもな病原体は、ウイルス、細菌、真菌(カビ)です。


<真正細菌(バクテリア)>

バクテリアとは細菌のこと。
細菌というと思いあたるのが、大腸菌とかボツリヌス菌とか黄色ブドウ球菌のような
人間や動物の感染症の原因となる細菌。
感染症予防に最適な精油の成分の順位は、
1リナロール
2シネオール
3ゲラニオール
4メントール
5シトラール

1位のリナロールが多く含まれる精油は、
ローズウッド
ネロリ
ラベンダー



<真菌>

真菌は、カビ、白癬(水虫)などお風呂掃除やキッチンなどの家事に活躍。
最適な精油の成分の順位は、
1シトラール
2ゲラニオール
3リナロール
4シネオール
5メントール

1位のシトラールが多く含まれる精油は、
レモン
レモングラス



posted by bonne at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 精油の成分と作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。