2010年09月14日

アロマテラピーの資格 日本アロマ環境協会編

アロマテラピー資格は民間資格です。
アロマの団体はいくつかあり各団体ごとに独自のアロマに関する資格があります。

今回は日本アロマ環境協会(AEAJ)の資格を紹介します。

アロマテラピー検定2級・1級より上の資格
アロマテラピーアドバイザー

さらにその上の資格
アロマテラピーインストラクター
アロマセラピストとなっています。



アロマテラピーインストラクター  アロマセラピスト
       ↑              ↑
          アロマアドバイザー
              ↑
         アロマテラピー検定1級
              ↑
         アロマテラピー検定2級



サーチ(調べる)アロマテラピーアドバイザーサーチ(調べる)

「プロとして販売に携わったり、安全なアロマテラピーを指導できる能力を認める資格」です。

アロマテラピーアドバイザーはアロマテラピー検定1級合格者が条件で
アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講し、登録手続きをとると認定されます。
初回に登録認定料10,000円が必要となります。
受験(テスト)はありません。
ただし
日本アロマ環境協会に入会が条件で
資格を継続するためには年度毎に会員登録更新が必須となります。
入会金(初回のみ)¥10,000
年会費      ¥12,000(年会費は毎年必要になります)

認定校ではなく直接の場合、日本アロマ環境協会ではアロマテラピーアドバイザー講習会が¥5000です。
約3時間の講習を年2回実施しています。

認定校ビルはもっとたくさんの時間をかけて勉強をするようです。費用も¥10000強。
認定校ビルの教室の講座は内容が魅力的なものが多く
自宅近くの認定校を日本アロマ環境協会認定校一覧で探しましょう。


さらにその上の資格の
アロマテラピーインストラクターとアロマセラピストは
アロマテラピーアドバイサー取得が条件になっています。



サーチ(調べる)アロマテラピーインストラクターサーチ(調べる)

「プロとしてアロマテラピー教育を行う能力を認める資格」です。
アロマテラピーインストラクターの資格があれば
個人主宰の教室でもアロマテラピーアドバイサー認定教室ビルの許可を受けられる可能性もあります。

資格試験は年2回で1次試験と2次試験があります。
日本アロマ環境協会の認定校でアロマテラピーインストラクター講座を受講すると小論文の2次試験が免除となります。


サーチ(調べる)アロマセラピストサーチ(調べる)

「一般の人々にアロマトリートメントやコンサルテーションを含めたアロマテラピーを提供できる資格」です。

資格試験は1次2次の学科試験とボディトリートメント実技試験とカルテ審査になります。
日本アロマ環境協会の認定校ビルアロマセラピスト講座を修了(スクール内の試験に合格する事)すれば、実技とカルテは試験免除になります。



ひらめきアロマテラピーの講習やスクールで勉強したいと思ったら
日本アロマ環境協会の認定校・認定教室がおすすめです。
いつかアロマテラピーアドバイザーやアロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターになりたいと考え中なら
自分な好きな認定校を見つけておくと安心わーい(嬉しい顔)

日本アロマ環境協会(AEAJ)の資格についてもっと詳しく知りたい方におすすめの本本



メモ日本アロマ環境協会

アロマテラピー2級・1級の受験内容や独学はアロマ検定を取ろう!」の記事を参考にしてください。
posted by bonne at 00:31| アロマ検定・資格・ライセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。