2011年05月18日

クレイパック・クレイマスクの作り方 基本

手作りクレイパックに挑戦しました。
天然のクレイで作るパックはとても簡単。
もっと本格的なクレイパックは半日、水分を加えてそのまま放置するんだとか...。
でも今日は5分〜10分待って作りました。
基本のクレイパック作り方を紹介します。


<材料>
水 大さじ1〜少しずつ
ピンククレイ 10g
キャリアオイル 小さじ1

使ったのはフレンチクレイのピンククレイ。
ピンククレイ

まずは水を大さじ1くらい入れて
クレイが水分を吸収するまで混ぜずにちょっと待ちます時計
クレイパック作り

なめらかになるまでペースト状に混ぜます。ピンクがレンガ色になりました。
クレイマスク作り

キャリアオイルを入れて出来上がりexclamation
マヨネーズくらいの柔らかさにしましょう。
水が足りなかったので後から足しました。
クレイパック完成

クレイパックのしかた>

クレイパックの前に蒸しタオルを当てて毛穴を開くと効果的。
・目の周り、口の周りは避けます。
・クレイペーストは厚めに塗るほど効果があります。
・クレイパックは、水にぬれている間だけ効果があるので10〜20分後乾いてきたらぬるま湯で洗い流します。
・乾燥肌の人は乾ききる前に流しましょう。
・洗い流した後、色が顔に残っていたら、キャリアオイルでマッサージしてふき取ります。
クレイパック後のお手入れではいつもよりたっぷりとキャリアオイルやクリームを塗りましょう。

<注意すること>
金属は使わないこと
・キャリアオイルを加えることでクレイの肌への刺激を抑えてくれます。
ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどを入れましょう。
クレイパックの前後は石鹸洗顔しないほうがいいそうです。

<ポイント>
ひらめきクレイに入れる水分は精製水、浄化水、ミネラルウォーターなどの他に
フローラルウォーター、ハーブ抽出液(ハーブティー)なども。

<初めてのクレイパックの感想わーい(嬉しい顔)

パックした後、洗い流すのがとっても大変ふらふら
お風呂いい気分(温泉)でやればよかった...がく〜(落胆した顔)
頑張って洗い流したけれど、やっぱり顔が茶色い。
クレイの色が残ったので
キャリアオイルをたっぷりつけてマッサージしてからふき取りました。

クレイパック 作り方
水ではなく普段、手作り化粧水に使っている
【フローラルウォーター】ローズブルガリアン(floral water) 500mlを使いましたが、
クレイの初めての香りに気を取られて
ローズの香りはどこへやらふらふら
水で十分だったかも。(初心者だからかな)
クレイの香りは気にならない程度の泥臭さ。
大地の恵みを感じられてナチュラルなパックっていいなと思いました。

なんだか、エステに行ったみたいな気分になったクレイパックです。
エステでは寝て目をつぶっているので自分がどんな風になっているかわからないけど
きっと凄い姿なんでしょうねがく〜(落胆した顔)鏡で見たらすごい..。

次回は本格的に半日晴れに当てて夜のお風呂いい気分(温泉)で使ってみようと思います。
まるでホイップクリームのようなクレイパック??ってどんなでしょう。
楽しみです。


posted by bonne at 15:04| クレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...