2011年07月20日

フラーレン 紫外線による肌トラブルを防ぐ手作り化粧品材料

手作り化粧品の新原料フラーレン」って?

フラーレンの一番の役割は紫外線晴れによる肌トラブルから肌を守ってくれることexclamation×2
日焼け止めと混ぜて使うと浴びてしまったことで発生するくすみ・毛穴目立ち・乾燥小ジワ肌・テカリなど肌トラブルを防止してくれます。
またニキビ、吹き出物にも!!

フラーレン
宇宙空間に存在する微量物質の研究から発見された、ダイアモンドと同じ炭素の同素体。
アメリカのカール博士ら3名が宇宙空間に存在する微量物質の研究中に偶然発見した成分で
博士らはノーベル化学賞を受賞。
構造が「ジオデシック・ドーム」というドーム状建築物に似ているということから、そのデザイナーの名前を取ってフラーレンと名付けたそうです。

炭素原子60個で構成されるサッカーボールのような形状は
接触面が多いので回転しながら肌トラブルの「元凶」を効率良く吸収・除去する働きがあり
身体の内外で若々しさを保つフラーレンのすぐれたパワーは
約3万もの論文が発表され、3000近い特許が認可されるほど。
濃度が濃いほど効果があります。


市販の化粧品では
・ドクタープロダクツのフラーレン配合化粧品ダーマサイエンスのシリーズ
・DHC Fエッセンスシリーズ
などでフラーレンが配合されています。


フラーレン美容原液
成分:水 BG 1,2−ヘキサンジオール フラーレン PVP(ポリビニルピロリドン)



手作り化粧品材料
成分:ブチレングリコール 水  PVP(ポリビニルピロリドン) フラーレン


日焼け止めだけでなくさらに肌を守ってくれる優秀な成分
フラーレンをもっと活用しましょう。


posted by bonne at 11:18| 手作り化粧品の材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...