2011年11月25日

小さいことは美しい サステイナブルな生活とは?

サステイナブルな生活とは?

直訳すると「持続可能な」
つまり、将来の環境や次世代の利益を損なわない範囲内で社会発展を進めようとする理念。

環境のこと、将来の地球のことを考えて
「小さい」シンプルな生活を提案しているのが丹羽順子さんの「小さいことは美しい」シンプルな暮らし実践法という本本

サステナビリティー「持続可能(な社会の実現を働きかける)」は
「ロハス」の「ス」にあたり、
日本的な考え方に置き換えると「もったいないと思う心と知恵。
ぜひ、我が家でも実践し次の世代(子供たち)に伝えていこうと思いました。

小さいことは美しい
ハーブティーを飲みながらゆっくり読みました目

現代社会は
「より大きく、早く、安く」という巨大なグローバル産業がメインの行き過ぎた経済活動がメインふらふら
資源を無駄遣いし、持続不可能な消費文明になってしまった世の中。
限りない便利さと欲望の追求を抑制していこうとオバマ大統領も演説していたそうです。


あれもこれも○○用とモノを買ってしまっている生活。
一つのショールをマフラー、膝かけにと活用していくシンプルで少ないモノでも幸せに暮らしていくヒントひらめきがたくさん書かれている本本です。

薬の代わりにハーブ。
化粧品は引き算。必要最低限のコスメだけ。

その商品の原材料がどこでどんな風に採取され
工場ではどんな風に作られているか....
考えながら買い物していきたいexclamation×2と心に決めました。


株式会社扶桑社


扶桑社ファンサイトファンサイト応援中









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。