2013年11月13日

抗菌作用でおすすめのエッセンシャルオイル(精油)

これからの季節は、アロマで菌をやっつけたいですね。
掃除、健康のために精油を使っての家事を実践しています。

感染症を引き起こすおもな病原体は、ウイルス、細菌、真菌(カビ)です。


<真正細菌(バクテリア)>

バクテリアとは細菌のこと。
細菌というと思いあたるのが、大腸菌とかボツリヌス菌とか黄色ブドウ球菌のような
人間や動物の感染症の原因となる細菌。
感染症予防に最適な精油の成分の順位は、
1リナロール
2シネオール
3ゲラニオール
4メントール
5シトラール

1位のリナロールが多く含まれる精油は、
ローズウッド
ネロリ
ラベンダー



<真菌>

真菌は、カビ、白癬(水虫)などお風呂掃除やキッチンなどの家事に活躍。
最適な精油の成分の順位は、
1シトラール
2ゲラニオール
3リナロール
4シネオール
5メントール

1位のシトラールが多く含まれる精油は、
レモン
レモングラス



posted by bonne at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 精油の成分と作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

精油の成分とその効能

ちょっと難しいけど精油(エッセンシャルオイル)の成分作用効能について

精油植物を原料とする天然の化学成分が集まったもの。
薬と違って副作用がないと思われがちですが
副作用もあります。
この化学成分は医薬品の原料としても使われています。
メディカルアロマセラピーもこの化学成分とその作用に基づいています。

<モノテルペン炭化水素類>
主な成分:リモネン・テルピネン・ピネン
作用:殺菌・抗真菌・抗ウィルス・うっ血除去・ステロイド・鎮痛
代表的な精油:オレンジ レモン グレープフルーツなどの柑橘類

ほとんどの精油に含まれている成分。
この成分は空気中の酸素と反応して分解される際に空気中の雑菌を殺す働きをします。

<セスキテルペン炭化水素類>
主な成分:カマズレン・ビザボレン・アズレン
作用:消炎・殺菌・抗ウィルス・抗アレルギー
代表的な精油:ジャーマンカモミール

特に消炎作用

<モノテルペンアルコール類>
主な成分:ゲラニオール・テルピネオール・リナロール・メンソール・ネロール
作用:殺菌・抗真菌・抗ウィルス
代表的な精油:ラベンダー ペパーミント プチグレン ティートリー ゼラニウム

<セスキテルペンアルコール類>
主な成分:ビザボロール・サンタロール・ファーネゾール・ネロリロール
作用:消炎・殺菌・抗アレルギー・女性ホルモン様
代表的な精油:ジャーマンカモミール クラリセージ サンダルウッド

<エステル類>
主な成分:酢酸リナリル サリチル酸メチル
作用:鎮静・抗けいれん・消炎
代表的な精油:クラリセージ ラベンダー プチグレン

人体の中枢神経系の働きを抑えます。

<オキサイド>
主な成分:1,8シネオール
作用:去痰・殺菌
代表的な精油:ユーカリ ニアウリ ラバンサラ

気管支粘膜に作用して痰(たん)を取り除いてくれ肺などの呼吸器系の感染症に。


<フェノール>
主な成分:チモール・カルバクロール・サフロール
作用:殺菌・免疫賦活
代表的な精油:オレガノ タイム クローブ

注意事項
パンチ皮膚や粘膜に刺激が強い
パンチ長期使用により肝臓障害を引き起こす可能性がある
パンチ妊婦・乳幼児への使用不可。

<アルデヒド>
主な成分:シトロネル・ネロール
作用:消炎・殺菌・抗感染・抗真菌
代表的な精油:レモングラス メリッサ ユーカリシトリオドラ

アルコールとカンファーの中間に位置する作用があります。
レモングラスは特にアルデヒドの含有量が多く強い抗真菌作用があります。

注意事項
パンチ皮膚刺激があるので低濃度で使うこと。

<ケトン>
主な成分:カンファー・ベルべノン・ツヨン
作用:去痰・鎮痛・脂肪分解・粘液溶解・免疫機能増強・細胞活性
代表的な精油:ローズマリー ユーカリ
(カンファー セージ ヒソップ ワームウッド)

粘液溶解作用とは粘液を溶かして排出しやすくすること。
ローズマリーやユーカリに含まれているケトンは副作用の心配はさほどない。

注意事項
パンチメディカルアロマセラピーでは医師の指導の下、使用すべき精油はカンファー セージ ヒソップ ワームウッドです。
パンチ長期使用による知覚異常、てんかん発作、神経麻痺、流産などのおそれがあります。
パンチカンファーは嘔吐、頭痛、けいれん、心停止、呼吸停止などのおそれがあります。


<ラクトン>
主な成分:クマリン・ベルカプテン
作用:光毒性・粘液溶解
代表的な精油:ベルガモット ラバンサラ

注意事項
パンチ光毒性、光感作があり皮膚刺激があります。柑橘系の精油を使用する際に注意が必要。

ハーブ ライン

精油はケモタイプや種類の違いによって成分が異なり、作用も異なります。
ローズマリー・ユーカリ・ラベンダーなどフルネーム(学名)で確認する必要があります。

ローズマリー
・ローズマリーカンファー
・ローズマリーシネオール
・ローズマリーベルべノン

ユーカリ メモユーカリ(ユーカリプタス)
・ユーカリプタス
・ユーカリラジアタ
・ユーカリグロブルス
・ユーカリシトリオドラ

ラベンター メモラベンダーの精油の選び方
・真正ラベンダー
・スパイクラベンダー
・フレンチラベンダー(ラベンダーストエカス)
・ラバンジン

ハーブ ライン

おすすめの本本医師がすすめる「アロマセラピ-」決定版





posted by bonne at 12:55| 精油の成分と作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。