2012年03月09日

花粉の季節にキリン「すぅーっと茶」

花粉症の時期におすすめのドリンク
キリンの「すぅーっと茶」を飲んでます。
ぽっぽ茶と同じからだ想い茶のシリーズで2月21日に発売NEWになりました。
すぅーっと茶

アールグレイの紅茶がベースだからハーブティーなど続かない方におすすめ。

ユーカリ+かりん

ユーカリとかりん果汁が、のどと鼻をすっきりさせてくれるブレンド紅茶なんです。
香りはかりんとレモン。
ゴクンと飲んだ時、喉にかりんがきます。
飲んだ後は鼻にす〜とユーカリが上がってきます。
とはいってもユーカリは強くなくスッキリ感が出ています。手(チョキ)
すぅーっと茶

ひらめき紅茶でうがい>

実はインフルエンザや風邪の予防に紅茶でうがいする方法があります。

緑茶でもいいのですが

お茶類に含まれているしぶみの成分であるカテキンは、
・細菌を攻撃する抗菌作用
・毒素を解毒する抗毒素作用
・ウイルスを抑える抗ウイルス作用
があって

紅茶は茶葉を完全発酵させているので、お茶よりカテキンの量が多いんですグッド(上向き矢印)

ユーカリとかりんが入った「すぅーっと茶」で
イガイガしたのどをうがいですっきりぴかぴか(新しい)
うがいした後、とっても爽やかになります。

すぅーっと茶



buzzLifeトラックバックキャンペーンに参加中
posted by bonne at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 風邪・インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

インフルエンザになったときのアロマ活用法

メディカルアロマテラピーでインフルエンザに対応する方法

インフルエンザと診断されたとき、処方箋以外に
アロマを活用して
症状が楽になったらいいですね。

コマーシャルのぬるかぜ薬、ヴイックスヴェポラッブに似た対処法です。
手当の手手(パー)でアロマオイルを塗ってあげましょうexclamation×2

(ただし年齢に応じた精油の種類と量がありますので確認してください)


<7〜12歳の子供のインフルエンザ>

ニアウリリナロール1滴+ティートリー1滴+ホホバオイル10ml


<13歳以上のインフルエンザ>

ユーカリグロブルスまたはニアウリシネオール 2滴
ティートリー 2滴
ラバンサラ 1滴
ホホバオイル 10ml


1.ホホバオイルに精油を垂らしよく混ぜる
2.のどや胸の部分に1日3回塗る。


インフルエンザには
「1,8-シネオール」という成分を多く含む精油が効果的。
「1,8-シネオール」は、免疫力を増強し自己治癒力を高めてくれる作用があるんです。

「1,8-シネオール」を多く含む精油
・ラバンサラ
・ニアウリ(シネオール) 一般的にニアウリというとこちらになります。
・スパイクラベンダー

ニアウリは歯磨き粉・マウスウォッシュなどでおなじみのカンファー様の香りです。


<精油の通販>

・ニアウリ シネオール⇒Melaleuca quinquenervia CT1
1,8-シネオールが多く含まれているタイプ


・ニアウリリナロールは精油を探すのがちょっと大変がく〜(落胆した顔) 
ニアウリ ネロリドル・リナロールCT(別名 ネロリーナ)
ニアウリのネロリドールとリナロールが高いタイプとして販売されているものを見つけました。
Melaleuca quinquenervia LN CT




・ユーカリグロブルス(Eucalyptus globulus)



・スパイクラベンダー スピカとも呼ばれています。
主要成分:リナロール40〜50% シネオール20〜30% カンファー10〜20%





参考文献
医師がすすめる「アロマセラピ-」決定版

医師がすすめる「アロマセラピ-」決定版
著者:川端一永
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


posted by bonne at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 風邪・インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

インフルエンザ予防におすすめのアロマ ユーカリラジアタ

インフルエンザが今年も流行り始めています。

インフルエンザ予防にアロマテラピーを活用するなら
効果的なエッセンシャルオイル(精油)を選びましょう。

インフルエンザ予防アロマ
・ティートリー
・ユーカリラジアタ
・レモン


ユーカリにはたくさん種類があります。
今回おすすめするのは、ユーカリラジアタ(Eucalyptus radiata)

ユーカリの中でも、成分的にも穏やかで「子供ユーカリ」とも呼ばれ、
1.8シネオールの含有率が低く(70%以下)刺激が少ないのが特徴。
子供にも安心なのが、このユーカリラジアタ(ラディアタ)です。

ユーカリグロブルスに比べて香りがややマイルド。あっさりさわやかです。

大人も身体が弱っている時には同じユーカリでもユーカリラジアタがおすすめ。
家族みんなのインフルエンザ予防に最適です。


<アロマを使ったインフルエンザ予防の方法>

ひらめき部屋に加湿器やアロマディフューザーで芳香させます。

・ティートリーとユーカリラジアタを1:1の割合で。
もしくは、
・レモン単体  レモンのみの香りは子供たちが喜びますわーい(嬉しい顔)

ディフューザー

ひらめき免疫力を高めるためにお風呂にレモン2滴を入れる簡単な予防法もおすすめいい気分(温泉)
お風呂

ひらめきアロマ水のうがい
水200ml+ティートリー2~5滴をコップに入れ、
よく混ぜてから、うがいします。
帰宅した際など1日2〜3回まで。
(6歳以上のうがいで間違って飲み込まない年齢から)


<メディカルアロマテラピーに最適な精油>

インフルエンザの予防などメディカルアロマテラピーに精油を使う場合は
安全で100%天然の良質な精油を使いましょう。
できればオーガニックがベストexclamation
精油の成分構成、含有量がブランドによって変わってくるので
せっかくのアロマが逆効果になりかねません。

メディカルアロマテラピーにおすすめの精油のブランドは
(ユーカリラジアタ)を紹介↓↓↓↓

・ハイパープランツ社


・プラナロム社


この冬もインフルエンザが大流行しないといいですね。
悪寒

posted by bonne at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 風邪・インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。