2010年10月10日

ハンドバス(手浴)の基本

アロマテラピーの楽しみ方

ハンドバス手浴手(パー)の基本です。
しもやけ、手荒れ、手の疲れからくる肩こりに。


洗面器などに40度くらいのやや熱めのお湯を張るいい気分(温泉)
精油2〜4滴入れ、10〜15分時計
お湯の中で指を動かしたりマッサージすると効果的手(パー)
毎日行ってもいいケアです。
天然塩や重曹、はちみつ大さじ1〜小さじ2精油エッセンシャルオイル)を入れてから
お湯に混ぜると乳化して混ざりやすくなります。


ハンドバス手浴)におすすめの精油エッセンシャルオイル

ラベンダー サイプレス ラバンジン パイン レモン レモングラス ローズマリー プチグレン
ローマンカモミール サンダルウッド ローズウッド パチュリー
(柑橘系の精油は刺激が肌刺激が強めなので量を控えめに)

・ラベンダー1滴+ローマンカモミール1滴
・サンダルウッド2滴+ローズウッド1滴
・スイートオレンジ3滴+パルマローザ2滴



ホーローの素敵な洗面器でハンドバス手浴)すれば、気持ちよくプチ贅沢気分ぴかぴか(新しい)




posted by bonne at 01:09| ハンドバス(手浴) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。